VOXY 値引き 2015

 

低床、低燃費、最大級室内スペースと人気が高いVOXY。

 

2015年現在、ヴォクシーの値引きのは20万円〜30万円ほどが相場です。

 

車体価格が高くなるため、少しでも安く購入したいというのがほとんどの方の本音です。そのためには中古車がいいのだろうか…と思っている方もいるのでは?

 

でももし予算内で新車が購入できたら、新車が欲しいですよね?

 

新車流通革命」なら新車でも最大130万円も安く購入できる可能性があります。

 

全グレードを最大130万円お得に購入できるので今ヴォクシーの購入を検討している方は先着30台限定で最大値引きを受けられます。

 

 

もちろん、流通革命で購入しても通常購入した場合と同じように保証やオプション等もついていきます。
これは独自のノウハウによってこの可能となった割引のため、30台と限定となっています。

 

 

新車では高くつく?

P

新車は中古よりも高くなるし…と思っていませんか?

 

もし「トータル費用が新車のほうが安くなるならやっぱり新車がいいな。」というのが本音ではないでしょうか。

 

実際に、新車だから中古よりも高くつくとは言い切れないのが事実です。はじめの購入費用ばかりに目が行きがちですが、大切なのは購入した後の維持費です。

 

P

 

購入後、どれだけの距離・どれだけの間乗り続けるかにもよりますが、5年間乗ったと考えた時「税金・メンテナンス」等で新車よりもお金がかかる場合があります。また車を売る時の寝落ち率を考えると新車のほうがよいことは言うまでもありません。

 

さらに新車は中古車よりも金利が安く、エコカー減免税が受けられます。

 

新車の購入するメリット

通常金利6.8%⇒金利1.755%〜
自動車取得税40%減税
自動車重量税25%減税
自動車グリーン税制50%減税
長期の保証
色による価格差がないため好きな色を選べる
燃費がよい

 

もちろん「新車流通革命」ならVOXYの最新モデルを購入することができます。

 

 

P

値引きの交渉が面倒!

自分は弱いからもうひと押し欲しくても粘れない

 

という方はこのチャンスを生かしてください!

 

ヴォクシー(ハイブリッド)の最新情報

ヴォクシーとはトヨタ自動車が2001年から製造、販売している乗用車で5人か8人乗りのミニバンです。ヴォクシーは「BOXY」で英語で箱型という意味を持ちます。

 

兄弟車にノア、エスクァイアがあります。駆動方式はFFと4WD、エンジンはガソリンとハイブリッド、2-2-3の7人乗りと2-3-3の8人乗りモデルを用意しています。

 

ハイブリッド車は全車、7人乗りのみとなります。最近では3代にわたり発売されており1月、4月、7月に新型が登場しております。これらはとても売れ行きがよく、7月に発売後された新型ヴォクシーZSの種類は5種類程ありほぼ5つドアで7.8人乗りが多いです。

 

ハイブリッドエアロを搭載してあるので燃費も満足の上車体もカッコいいです。色はホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ブラック、ブラッキュシュアゲハガラスフレーク、ボルドーマイカメタリック、オーシャンミントメタリック、ダークバイオレットマイカメタリックの7種類がありどれも大人っぽいデザインです

 

ヴォクシー(車)の魅力

新型ヴォクシーの魅力は初代から続くスタイリッシュな外見に始まり、広い室内と豪華な内装、シートアレンジの多彩さです。加えてハイブリッド車の登場により、圧倒的な低燃費も実現しました。

 

ハイブリッド車はなんとコンパクトカー並みの23.8km/lであり、モーターで発進するのでとても音が静かなことも特徴です。さらに力のあるモーターなので、ストレスなく走ることができます。

 

一方、ガソリン車も燃費は2WDのアイドリングストップ機能のあるものは16.0km/lと、重たいはずのミニバンでここまでの低燃費です。そしてファミリー層にうれしいのが、豊富なシートアレンジです。

 

7人乗りと8人乗りに共通しているのが4種類。7人乗りだけのアレンジが5種類もあります。7人乗りであれば車から降りることなくすべての座席から座席へ移ることもできるようウォークスルーになっています。ほかにも乗り降りがしやすいように低庄にし、こどもやお年寄りがつかみやすい位置にアシストグリップもついています。

 

ヴォクシーが向いている人・向いていない人

ヴォクシーは「家族に小さいお子さんやお年寄りがいる人」に向いています。ヴォクシーは低床フラットフロアを極限まで目指した車なので、小さいお子さんやお年寄りでも乗り降りしやすくなっています。ヴォクシーは、「夫婦共用で運転できる車が欲しい人」にも向いています。

 

ヴォクシーは、運転席に女性が座っても操作しやすいように細やかな配慮がされており、男女共に使い勝手が良いエクステリアになっています。ミニバンの売りである3列シートも調節が簡単で、女性だけでも安心して使えます。しかし、「燃費の良さを重視する人」には向いていません。

 

ヴォクシーの燃費は、ガソリン車で16km/Lから14km/Lです。ヴォクシーは3列シートでありながら、運転しやすい車ですが、居住性と運転のしやすさを追及すると車は重くなり、燃費が悪くなってしまいます。ミニバンは燃費の悪さが弱点で、ヴォクシーも例外ではありません。

 

新型ヴォクシーは燃費の悪さを補うために、ハイブリッドを導入して販売していますが、それでも23.8km/Lです。新型ヴォクシーは、「あまり乗らない人」にも向いていません。ハイブリッド車は、ガソリン車に比べると車体価格が高く、補償期間を過ぎるとバッテリーの交換や故障した時の修理代が割高です。

 

燃費が悪いからといってあまり乗らない方は、ハイブリッド車は逆に負担になる可能性があります。

 

ヴォクシーとノアならどちらがおすすめ?

子供のいる家族にとって旅行での思い出作りは楽しみのひとつですね。それに必要なのが車ではないでしょうか。どんな車にしようか購入を迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

例えばトヨタのブォクシーやノアなど。この2台はどこが違うのでしょうか。まず、ヴォクシーですが2014年1月にフルモデルチェンジしました。お顔がいかつい感じになりました。

 

低床設定で小さな子供やお年寄りでも乗り降りしやすいようです。またシートアレンジもよくフルフラットなります。運転席はそれほど大きくありませんが窓が大きいので視界がよく気持ちよく運転できます。気になる燃費はどうでしょうか。やはりミニバンなので良いとは言えないです。しかしそれは仕方のないことですね。

 

ハイブリッド車ならば燃費は良いですが40万円ほどお値段違います。一方ノアはどうでしょうか。こちらも2014年1月にモデルチェンジしています。顔つきはいたって普通。もちろんファミリーカーなのでいろいろな工夫がなされています。

 

例えばスライドドアの開口部が805ミリもありまた低床なので子供や足腰の弱いお年寄りにも乗り降りしやすい設定です。シートアレンジもいろいろできます。燃費ですがブォクシーとあまりかわらずといった感じでしょうか。

 

結局どちらの車もファミリーカーなのであまり違いはないようです。ただいかつい外見はヴォクシー、普通はノアいった感じでしょうか。